記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対サソリス


白バイクにおける対面サソリスのプレイングのお話



・はじめに
プレイがわからないとのことだったサソリスに対するプレイを自分なりに考えて纏めてみた。

結論を先に言うと、自分はこのマッチアップをバイクの微不利だと考える。
バイクと比べた時のサソリスの事故率の低さと対応力は圧倒的であるが、バイク側も上手く引きを噛み合わせられるとキルを通すことができるため、マッチであっても勝利を収められる可能性は低くくないし、ましてはシングルならばなおさら勝てる可能性は高い。



・前提
バイクはナツメグ構築の白バイク、サソリスは一般的なギョギョウ軸を過程
ハヤブサはジャーベルでサーチ可能ではあるが、序盤に相手が持っている可能性は低いため基本無いものとしてここでは考える(CSで引かれてたら運が悪かったと思おう)



・基本方針
相手が盤面を整える前に轢き殺す。

ギョギョウ着地=負けではない。
また、レッドゾーンでギョギョウを処理したりボアロ龍解を阻止することもあるので、ハンドに余裕があり他で打点を作れるのならレッドゾーンはキープ

一度盤面を整えられると勝てる可能性は極端に低くなるが、相手がループできずに殴ってくる場合や禁断解放封印LOなどもあるため、最後まで諦めないように。

後述するがアンタッチャブルを立てることでぐっと勝利が近づくため、意識していてほしい。



・キーカード
「サプライズホール(アンタッチャブル)」
端的に言うと、サソリス側はアンタッチャブルを除去することが困難であるため、非常に場持ちが良いダイレクト要員である

ハンドにもよるが、基本的にはラグマールを出されてもアンタを残す方が勝てる
サソリスへの勝率を上げたいのであれば4枚積むことを推奨する。


・警戒するカード
「オチャッピィ」
基本的に握ってるものとして考える
SBされなかった場合勝利がぐっと近づくので来なければラッキー🐒

「ギョギョウ」
言わずもがな。殴る時は盾を2枚以下にしないように心がけよう。しかし、3枚以上ブレイクしても良い場合もあるのでそこは後述。

「サンマッド」
インチキオチンチンカード。
4体いないと除去が発動しないことを忘れずに。追加打点としてトップギアを安直にキャストするのは危険なため注意が必要

「ラグマール」
説明不要。説明不要であるため説明しない
常に警戒して存在を忘れずに

「ダンディナスオ」
1コストで場数を増やし、マナにサンマッドを置けるまさにサンマッドのためのカード
採用不採用は人によってまちまちであり、殿堂カードであるため引き込まれる可能性も低いが、頭の片隅に置いておこう。



・基本プレイング
前書きが長くなったがここからは具体的なプレイングの話

いくつかのパターンに分けて解説する

①先攻フォーススタート
バイクの必勝パターン。決まれば相手は相当高いレベルの引きを求められるため返すことは難しい
乗せる上バイク優先度はサプホか4コスバイクがある場合Z>ゾーン、なければターボ>Z
Zorゾーン→サプホのムーブが決まった場合、相手はほぼ返せない。3ターン目に盾を割り切って勝ち。
4コスバイクを握ってる場合でも、相手がギョギョウ+ラグマを引いていない限り返されない。引かれていない場合でも盾を残すとトリガーで返される可能性があるため、3ターン目に割り切る。

2ターン目にターボを乗せた場合
理想はターボ→サプホ→4コスZorゾーンである
もし3ターン目にアンタを立てれた場合、レッドゾーンがあればターボに乗せて盾を割り切る。
ギョギョウで殴り返せないパワーでありサンマッドの除去効果を発動させるのも難しいため、限りなく回答が少ない


サプホがあってターボしか無い場合、フォースバイクで1ターン溜め、3ターン目サプホアンタキャストターボ侵略

補足:2ターン目にZターボをするとお茶ギョギョウで返されるのでやらない、乗せるならどちらかのみ。


②後攻フォース、先攻ギアor3tフォーススタート
相手に与えるターン数が同じなので纏める
基本優位ではあるが、相手が引くものを引いていると返されてしまうこともある

殴り方は①の場合と変わりないが、①よりも相手に1ターン多く与えている分返される可能性が高くなる

4ターンキルを目指す


③それ以外
①、②以外の場合だと、攻めるターンが遅くなり殴ることのデメリットが多くなってしまうので基本的に殴らず横に並べてジャスキルを狙う

トリガーとハヤブサをケアする余裕は無いので踏んだら負け濃厚、なので禁断解放を狙い打点追加のパターンも考える

ジャスキル打点を揃えるまで横に並べるのだが、ギョギョウをキャストされマナにラグマがあった場合レッドゾーン素出しで除去(ジャスキル打点揃えずに安易にゾーン侵略するとラグマを出さずただ相手にハンドを与えてしまうので注意)

ただし、後攻でギア、サプホ、下バイク、
Z、ゾーンの役満が揃った場合にのみ4ターンキルが可能なので狙えたら狙う



・総括
まずはこの拙い文章をここまで読んでいただき感謝いたす。参考になれば幸いだ。

ここまで読んで「これ全然勝てなくね?」なんて思うかもしれないが、いくらサソリスと言えど毎回必要なカード(特にラグマール)を引き込めるわけもないのでそう重くとらえる必要はない。

ひたすら1人回しをしていた自分が保証する
上に書いてきたこと全てが正しいわけではなく、案外ゴリ押しが通ってしまうこともあるかもしれないので、上の文章はあくまで参考程度に捉え、その場で臨機応変に対応していくことをオススメする。


それでは、松川組とそのチームメイト達の健闘を祈る。 なかのん




・余談
先日、「イメンもサソリスもキツい」と言った内容の話を聞いた。
たしかに、イメンもキツい相手には変わりないのだろうが1つ気をつけてほしいのが「イメンとサソリスって全然違うデッキだからね!?」ということである。
むしろボアロパコパコスを使用する点とデッキの1/3くらいが同じ点以外はだいぶ違うのである。
したがって、プレイングも対サソリス用で考えるのはやめておくのが賢明である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。